ぼんやりとした思索

ある高等遊民が、脈絡もなく、おもいつきで書き綴るブログ。

今の世の中ってなんか…

最近思うんです。

僕がニートになったころ(約七年半前)に比べて、なんだか世の中がニートにやさしくなったなって。

 

例を挙げます。

公的なニート支援機関としてサポステというところがあります。

サポステ[地域若者サポートステーション]

ここは何でも「働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者」を支援してくれるそうです。

それで、ホームページを見てみると、その中にQ&Aというページがありまして、そのなかにこんなQがありました。

 

病気ではなく、ただただ自分が大学時代に就活をサボってニートになったんですが、相談に行ってもいいんでしょうか

 

こんなもん普通、いいわけねーだろが、ボケ!でおわりでしょう。

でも違うんです。このQに対するAをご紹介しましょう。

 

ご相談ください!  サポステの利用は働かなくなった理由を問いませんので、ぜひご利用ください!専門のスタッフとの相談のなかで、「働く」への一歩につながるかもしれません。サポステのスタッフと一緒に考えてみませんか。最寄りのサポステにお電話ください!

 

ですって。こんなにやさしくていいんでしょうか。

 

そのほかにもハロートレーニングなるものもあって、こちらは紹介の動画がYouTubeにアップされてます。こちらにはなんと六代目三遊亭円楽師匠が出演なさっていて、なんかもう、とにかく明るい雰囲気なんですね。普通の専門学校の紹介映像みたいな感じ。

お時間がありましたら見てみてくださいよ。約30分です。


円楽とシロのハロートレーニング(求職者支援制度)

 

昔はこんな感じじゃなかったと思うんですよね、たぶん。

もっとこう、甘ったれるな!みたいな感じで。

あとなんか、おじさんなんかが「ニート」ってきくと急に目がいきいきしてね。

さあ、説教したるぞって、腕まくりして乗り出してくるみたいな感じね。

そういうのがあったと思うんですけどね。

 

まあ、でもこれ自体は良いことですね、やさしいってのは。

 

だから、きっともうニートであること自体に罪悪感とか、肩身の狭さとか、そういうの感じるのって、ハッキリいって無意味ですね。

うだうだやってたければやってればいいんですよ。金さえ続けばね。まあそれが一番の問題なんですけどね…